2018年09月22日

新鶴「塩羊羹」

諏訪湖畔の宿のサービス「諏訪大社四社を巡る無料参拝バス」を利用しました。四社それぞれに特徴があり、丁寧で飽きさせない案内もあってとても楽しめました。最後に訪れた諏訪大社下社秋宮で、ガイドの方に紹介していただいたのが新鶴本店。

DSC_1327.jpg
新鶴本店

諏訪の土産店に入ると塩羊羹が並んでいるのが目に留まりますが、こちらのお店の羊羹が人気となり広まったそうです。ガイドさん曰く新鶴の塩羊羹を販売しているのはこちらのお店だけという事なので、これはもう買わないわけにはまいりません。

IMG_20180922_074916.jpg
新鶴 塩羊羹(小 950円)

DSC_1337.jpg
明治六年創業以来の製法を引き継ぐ・・・

新鶴 塩羊羹
原材料はシンプル

新鶴 包み紙
包み紙も飾らぬ素敵なデザイン

DSC_1340.jpg
表面はツヤがあり少し透明感のある色味

DSC_1339.jpg
淡いあずき色

砂糖、小豆、寒天、塩の配合のバランスが絶妙なのだと思います。ストレートに塩味が感じられるわけではないのですが小豆の風味と甘さが引き立って口の中でほどける感じの舌ざわり。羊羹を切る時にどうかすると包丁にぺっとりとくっつくことがあるのですが、スッと切れた後の刃には跡がほとんど残りません。一切れ二切れではもの足らず、大きいサイズのものを買わなかったことを後悔しました。うーん、現時点ではベスト1の羊羹です。大変おいしくいただきました。ありがとうございます。

15375706452677.jpg
生菓子 千代皮

他にも生菓子がケースに並んでいてどれもきれいでおいしそうでしたが、こちらをチョイス。待ちきれず帰りの電車でいただきました。

DSC_1273.jpg
諏訪湖

宿、温泉、食事、湖、諏訪大社、片倉館、タケヤみそ・・etc。そして塩羊羹。良い休暇となりました。





posted by 和菓子☆WAKAKO at 10:10 | Comment(0) | 羊羹 yokan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

桜井甘精堂の「純栗もなか」

先日軽井沢に行った折、桜井甘精堂さんで栗どら焼きと純栗もなかを購入しました。どら焼きは以前小布施のお店で購入した際に紹介していたので、今回はもなかを。

桜井甘精堂の「純栗もなか」
可愛い栗の形の皮に包まれた餡の材料は栗と砂糖のみ。ねっとりとまではいかず、栗のほっこり感が程よく感じられる練り具合です。
桜井甘精堂の「純栗もなか」

桜井甘精堂の「純栗もなか」
栗はやはり美味しい。ごちそうさまです。




posted by 和菓子☆WAKAKO at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最中 Monaka | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

渋谷区広尾 船橋屋こよみ の「くず餅プリン」

船橋屋こよみは日比谷線「広尾駅」から広尾散歩通りを歩いて突当り角にありました。創業210年、亀戸天神に本店がある船橋屋が手掛けるお店。「四五〇日熟成発酵」「日本一手間をかけたプリン」とのうたい文句に惹かれくず餅プリンを購入。

船橋屋こよみ の「くず餅プリン」

食い気が勝り、黒蜜と黄粉をかけたところを写真に撮るのを忘れてしまいました。ありきたりの表現しかできませんが、とても滑らかな口あたりで上品なお味。黒蜜と黄粉との相性も抜群です。ご馳走様でした。

船橋屋こよみ




posted by 和菓子☆WAKAKO at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする