2015年01月30日

麻布昇月堂の「麻布どら焼き蕎麦」と「麻布おいもさん」

広尾駅よりヒルズを越えて歩いて10分ほど。日赤通商栄会通りに麻布昇月堂さんがありました。

麻布昇月堂
いきなり店内。立派な看板です。

やはり一枚流しあんみつ羊羹に目が行きましたが、こちらを購入。
麻布昇月堂
麻布どら焼き蕎麦と麻布おいもさん。

麻布昇月堂
こんな箱に入れてくれます。要冷蔵。なので、帰ってから冷蔵庫へ。

麻布昇月堂「麻布どら焼き蕎麦」
焼き印は名前そのもの。

麻布昇月堂「麻布どら焼き蕎麦」
大きな粒がしっかり残ったあんこ。

麻布昇月堂「麻布どら焼き蕎麦」
の、中には求肥が。蕎麦が練りこまれた皮は薄くてしっとりしています。なるほど、これは冷やして食べたほうが美味しいと思いました。

そして
麻布昇月堂「麻布おいもさん」
おいもさん。

麻布昇月堂「麻布おいもさん」
皮はシナモンがふりかけてあるのかと思いましたが、違いました。何の色でしょう。
中のあんは、まさしく芋。遠い昔に食べた石焼き芋の極上の甘さが蘇りました。これまたうまい。

どちらも大変美味しくいただきました。ごちそうさまです。

麻布昇月堂






posted by 和菓子☆WAKAKO at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | どら焼き Dorayaki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。